スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おもしろいプロジェクト、みつけました!

厚生労働省 報道発表資料 2010年6月
育児を楽しむ男たちが社会へ発信!新プロジェクト始動
厚生労働大臣による「イクメンプロジェクト」発足式


「イクメンの星」の公募など、「国民参加型」のプロジェクトがキックオフ!

 厚生労働省は、男性の子育て参加や育児休業取得の促進等を目的とした「イクメンプロジェクト」を、父の日(6月20日)に先立ち、2010年6月17日より始動いたします。これに際し、同日夕刻、厚生労働省にて長妻昭厚生労働大臣による「イクメンプロジェクト」発足式を下記のとおり実施いたします。

 「イクメンプロジェクト」とは、働く男性が、育児をより積極的にすることや、育児休業を取得することができるよう、社会の気運を高めることを目的としたプロジェクトです。昨今は育児を積極的にする男性「イクメン」が話題となっておりますが、まだまだ一般的でないのが現状です。改正育児・介護休業法(2010年6月30日施行)の趣旨も踏まえ、育児をすることが、自分自身だけでなく、家族、会社、社会に対しても良い影響を与えるというメッセージを発信しつつ、「イクメンとは、子育てを楽しみ、自分自身も成長する男のこと」をコンセプトに、社会にその意義を訴えてまいります。
 
 発足式では、長妻昭厚生労働大臣よりイクメンプロジェクトの構想に関してご説明し、プロジェクトのロゴ・ポスターを発表いたします。また、NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事である安藤哲也氏をはじめ、プロジェクトを推進するための「イクメンプロジェクト推進チーム」を結成し、プロジェクトの意義などについて、意見交換も予定しております。

 また、「イクメン」をより幅広くPRしていくため、広く国民の皆様より、「イクメンの星」の公募や、「イクメン宣言」、「イクメンサポーター宣言」を募ります。「イクメンの星」は、応募者の中から、「イクメンプロジェクト推進チーム」の厳選なる審査の上、毎月一名を選定していきます。


■ 日  時 : 2010年6月17日(木) 17:00~18:00 (16:30受付開始)
■ 会  場 : 厚生労働省会見室(東京都千代田区霞が関1-2-2中央合同庁舎第5号館9階)
■ 出席者 : 長妻厚生労働大臣、イクメンプロジェクト推進チームメンバー
■ 内  容 :  1 事務局から推進チームメンバーの紹介
         2 大臣から挨拶及びプロジェクトの趣旨を説明
         3 大臣からロゴ・ポスターの発表
         4 事務局からプロジェクトの詳細を説明
         5 推進チームメンバーから順に発言
         6 大臣から発言を踏まえコメント
         7 推進チームメンバーから追加発言
         8 記者からの質問
         9 フォトセッション

※ 会場スペースの都合上、各社カメラは1クルーでお願いいたします。
※ 進行内容に関しましては開催までに変更の可能性がございますのでご了承下さい。また、国会日程等により、厚生労働大臣が一部又は全部に出席できない可能性がありますのでご了承下さい。


【イクメンプロジェクト推進チームメンバー】
    ○ 安藤哲也氏(ファザーリング・ジャパン代表理事)(座長)
    ○ 渥美由喜氏((株)東レ経営研究所研究部長)
    ○ 岡康道氏(タグボート代表)
    ○ 駒崎弘樹氏(NPO法人フローレンス代表)
    ○ 小室淑恵氏((株)ワークライフバランス代表取締役)
    ○ 佐藤博樹氏(東京大学教授)
    ○ 山田正人氏(横浜市副市長)
スポンサーサイト
記事紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

イクメンの効果!?

2010/06/16 Wed 23:34

男の育児参加「イクメン」の思わぬ副次効果!
プレジデント5月24日(月) 10時 0分配信 / 経済 - 経済総合


イクメン経験で子育て中の女性部下とのコミュニケーションが良好になる男性上司も増加。
 イケメンならぬ、イクメンが増殖中である。積極的に育児や家事に参加する“新世代”の父親たち。出世を望めそうにない会社から、家庭に軸足を移した男性が増えた!? という意地悪な見方も一部にあるが……。日本初の「父親学校」を開くNPO法人ファザーリング・ジャパン代表、安藤哲也さんは言う。
「男性が育児参加すると段取り力、問題解決力、コミュニケーション力、時間管理力などが高まる人が多いです」

 神戸在住で1歳の娘のいる会社員・芝茂樹さん(33歳)は毎日、食事作りや洗濯などで専業主婦の妻を助ける。もともと料理経験はゼロ。米のとぎ方や野菜の切り方を特訓するなど、イクメンぶりをつづったブログを更新するたびに全国からアクセスが殺到している。
「夜7時半に帰宅するのが日課で、娘をお風呂に入れます。会社を毎日定時に退社するため、仕事の段取りが上手になりました。効率的に働くようになったんです。自宅でも、短時間でやるべきことの優先順位を素早く設定しなければならないので、ゆとりの時間をつくり出すコツも習得しました」と芝さん。コミュニケーション面でも、まだ言葉を話さない乳児に接していることが功を奏して、顧客や得意先などに「伝えよう」「相手の真意を聞き取ろう」という力が向上したそうだ。
「育児はよく『育自』とも言われますがまさにその通り。部下への指示の出し方など、社会人としての成長を自分でも実感できますよ(笑)。また育児をすることで、24時間365日休みのない妻の負担をほんの少し減らせたため、夫婦関係もよりよいものに変わったと感じています」(芝さん)

 安藤さんによれば、最近、大企業の部長でも育児に目覚める人が増加中だとか。育児参加で家庭が平和になり、仕事効率も上がれば一石二鳥!?


共働きでも、奥さんに家事育児の負担がかかっているご家庭、結構多いですね。
働くママの界隈ではよく言われることですが、子育てのメリットとして、マネジメント能力があがる、コミュニケーション能力があがる、というのがあります。これは働くパパだっておんなじことですものね。
みなさんのところはいかがでしょうか?
記事紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)

2010/02/03 Wed 07:05

香山リカのココロの万華鏡:妻の子育てを評価して /東京
 最近の男性は、すでに子どもがいる父親もまだ結婚していない人も、子育てにとても意欲的。広告代理店がそんな調査結果をまとめ、彼らを「パパ男子」と命名した。

 とはいえ、人事院の調査結果を見ても、育児休暇を取る男性は全体の1%台。民間企業はもっと少ないと考えられ、「パパ男子」が実際に急増中、とは言いがたいようだ。

 一方で女性たちを取り巻く状況を見ると、「婚活」や「ワークライフバランス」が流行語となり、「結婚・出産・仕事」をセットでこなさなきゃ、というプレッシャーがますます強まっているようにも思う。

 もちろん、推進派としては「仕事と育児の強要ではなく、無理せずにバランスよく」というつもりなのだと思うが、“手抜き”がきらいな若い女性たちは、どうしても「すべてをきちんとこなさなきゃ」と身がまえてしまうのだ。

 診察室にも、子育てに悩む母親たちが大勢やってくる。学生時代は成績で、仕事なら業績などで評価がはっきりわかるが、子育てに関しては、いまのやり方で正しいのか間違っているのか、すぐには答えが出ない。「正解がないのが育児」と言われても、まじめな女性たちはなかなか納得できないのだ。

 私には子どもがいないので、「子育てをしている」と言われるとそれだけでその人を尊敬し、うらやましく思う。そして、そのときばかりは精神科医であることを忘れ、個人に戻って、「わあ、小学生! そんな子が家にいるなんていいですねえ。よくがんばってここまで育てましたね」と正直に感想を伝えることにしている。

 そう言われることで、「そうか、子どもがいる生活を送っているだけですばらしい、と思う人もいるのか」と、これまでとは違った目で自分の毎日を見直してくれるんじゃないかな、と思っているからだ。

 そんな対応を繰り返していると、多くの人が「それが、親に似ずにけっこういい子なんですよ」と“わが子自慢”を始めるようになる。それができるようになれば、もう安心。その母親は、ほどなく自分への自信も取り戻せるからだ。

 世の中の父親たちにお願いしたいのは、すぐに育児休暇を取るのは難しいかもしれないが、せめて子育てにほかの家事や仕事に、とがんばる中で自信を失いかけている自分の妻に、「よくがんばってるね」と“評価することば”をかけてあげてほしい、ということだ。子育てに意欲的な「パパ男子」なら、きっとそれができるはず、と期待している。

(毎日新聞 2010年2月2日 地方版より)


「イクメン」「パパ男子」「ファザーリング」このような言葉が先行する時代なんですね。まだまだなのだな、と思います。家事・育児に『協力』ではなく『共力』する、どちらも同じようにできて、どちらがいつどうなっても家庭が回っていく、そういうのが一番のリスクヘッジだと思います。

ちょっと話がそれました。完璧な母でなくてよいと思います。子どもは親達の懸命な姿をちゃんとみているなと思います。
記事紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。