スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

市民館講座 第9回報告

2011/11/19 Sat 01:06

麻生市民館の講座
『笑顔のDEWKSライフ ~子育てファミリーの共力・共育・共働~』

も残すところあと2回となりました。

11月12日の第9回は、
「ワーキングカップルサロン ~子育てしながら働くということ~」 
でした。

講師はNPO法人マドレボニータから、水口陽子インストラクターにお越しいただきました。川崎市・横浜市で活動されている中桐昌子インストラクターがサポートに入ってくださいました。

この市民館講座でみなさんと一緒に考えたいと思っていたことのひとつが、「パートナーシップ」。
子育てをしているカップルにとっては特に、大きなテーマだと思っています。

ここまでは「聴く」ことの多かったこの講座、今回は参加者のみなさんが主体的に「語る」ことを通じて、いろいろなことを考えるきっかけになるといいな、と。

2月にあざみ野でカップル向けワークショップが開催されていて、今回の講座にもぜひ取り入れたいと思って市民館に提案しました。

講座も回を重ねることに、残念ながら参加される方が限られてきてしまった印象です。
この日は9人の参加者(うち3組がカップルで、わが家も)でした、ちょっとさびしいですが・・・><
でもその分、ひとりひとりが発言する機会は多かったのかなと。



1つ目のワーク、【Good & New】では、

○パートナーの「よいこと」の視点が、自分とは違っていることに気づいた
○日頃あまりじっくり話す機会がとれていないけれど、こういうワークで短時間でも共有できることに気づいた


と、いろんな気づきがあった様子です。


2つ目のワーク、【シェアリング】を経て、全体でお話しすると、

○パートナーに話したいことはいっぱいあって、いろいろおしゃべりするけれど、どのくらいきちんと聞いてもらえているかしら、メリハリをつけて話すことも必要かも
○ワークでは「黙って聴く」ということだったけれど、なんだか話しづらかった(←これ、夫の声でしたがいつもわたしがしゃべりすぎているのかも…苦笑)
○お互いの「理想の家族像」について、パートナーと共有したい、そうすれば子育てや家事にも主体的に関わってくれるかも
○自分がどうしたいのか、言葉にしてみることは大切
○子育てしながら働く、ということで大変な時期は、実は短いのかも


という声がでていました。時間が足りなくなるくらい、どんどん話がでましたよ。

当日は、Twitterでもリアルタイムに講座の様子が伝えられていました~
Togetterまとめ-『笑顔のDEWKSライフ』第9回ワーキングカップルサロン

「察する」ことが美学のようにとらえられがちですが、自分の気持ちですら、改めて言葉にして初めて気づくことも多いわけで、パートナーが何も言わずに察してくれる、なんてことはなかなか難しいものです。

ずっと長く続くパートナーとの生活、あきらめてラクになるのではなく、気持ちを伝え合うことで、お互いが共に楽しく過ごせる方がいいなぁ、と思っています。
イベント報告 | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。